ゴミぷよの処理

連鎖を組むときには、連鎖とは関係のないいらないぷよ、すなわちゴミぷよがどうしても出てきてしまいます。

このゴミぷよが多く出てしまうということはそれだけ効率が悪いということなので、配ぷよを見て効率的に組み、できるだけゴミぷよは出さないよう、もしくは後に述べる強化や追加効果などでリサイクルをするなどのエコを心がけなくてはなりません。

しかし、慣れるまではどうしてもゴミぷよは結構出てしまいます。そういうときはできるだけ邪魔にならない場所に廃棄します。それでは階段積みで例を挙げてみます。








←スイッチ



上の図で、の部分にゴミを捨てると、ぷよの入り口の真下であるため危険度が大きく増してしまいます。よって、の部分に捨てる方が安全であることがわかります。

さらに、の部分にゴミぷよを出しすぎると、連鎖が発動した後そのゴミぷよが連鎖に関係のあるぷよを巻き込んで消してしまい、途中で連鎖が止まってしまったりしてしまうことも多々あるため、そういう意味でもやはり危険です。

このような危険を回避するため、(階段積みを組みたい場合)試合が始まったらまずは端の2列ほどを完成させた方が、ゴミぷよの処理がしやすくなり連鎖が組みやすくなるといえます。

ただし先ほども述べたように、最終的にはそもそもそんなにゴミを出さない積み方ができるようにならなくてはなりません。ただ、上記のようにやや細かく述べたのは、これはゴミぷよの処理だけではなく、強化などの際にも同じことが言えるからです。強化については後に詳述します。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック