強化

同じ連鎖数の場合、普通に4つ揃えて消す場合よりも、同時に数多く消すほど、さらには同時に多くの色を消すほど威力は大きくなります。それを利用して、同時消しを使って連鎖の威力を上げる連鎖尾拡張のことを強化といいます。以下に分かりやすい強化階段積みの例を挙げてみます。




 

     
     
     
     


両者とも最後の5連鎖目のところで同時消しが起こります。それにより、普通の5連鎖よりも威力が上がります。なお、同時消しの数や色の種類が多いほど威力が大きいので、もし左と右が同時に連鎖を撃ち合ったとしたら、右が圧勝します。実際に試してみるとよくわかるでしょう。ちなみに、強化部分の同時消しの色が2種のものをダブル、3種のものをトリプルと呼んだりします。この場合、左が5連鎖ダブル、右は5連鎖トリプルです。

なお、上の図では5連鎖目しか強化していません。もちろん2〜4連鎖目も強化することができ、その方がより威力は上がるのですが、あえてそういう図にはしませんでした。なぜなら「ゴミぷよの処理」でも述べたように、真ん中にぷよを積みすぎるのは、入り口の下であることや巻き込みによる連鎖の失敗等の危険性を考えると得策とは言えないからです。

加えて、強化の効果は高連鎖の場所の方が大きくなりますので、5連鎖の場合、与える邪魔ぷよの数に最も影響するのは5連鎖目です。威力だけではなく防御力やスピードも考慮すれば、5連鎖目だけを強化するのがベストと言えるでしょう。

このように強化した連鎖をハイスピードで組めれば、普通に基本三種しかできない人には圧勝できます。比較的簡単に習得できるので、ぜひ練習しておきましょう。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック