焦らない

ぷよぷよに限らずどんな競技でもそうですが、焦りは禁物です。焦っている状態では本来の実力が発揮できません。

しかし、ぷよぷよではどうしても焦りがちになっていしまう場面が多々あります。相手の連鎖が発動している真っ最中や、積もりすぎてピンチの曲が流れている状況、さらには予告ぷよ(最上部に表示されている、次に降ってくる邪魔ぷよの量を表すぷよのこと。)の欄に王冠ぷよが降臨してしまったときなどがその例です。

ですが、そういうときでも当たり前のようにぷよってください。落ち着いて行動すれば何とでもなる状況がほとんどです。焦るからできなくなってしまうのです。

例えば相手の連鎖が発動している最中には、相手は何もすることができないので、むしろその間に自分の連鎖を伸ばしたり強化したりするチャンスです。落ち着けば有利な状況に持ち込めます。

しかし焦って連鎖を暴発させてしまったり、結局発動できなくなってしまったりしては、勿体ないことこの上なしです。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック