トップレベルの戦い



まさに玄人といったフィーバー戦です。もはや芸術ともいえるでしょう。