1-1 基本三種カテゴリの記事一覧

基本三種について

ぷよぷよの連鎖は、どんなに複雑に見えても大きく分けると3つの要素に分解されます。今後、この3つの基本的な連鎖の要素のことを基本三種と呼びます。

連鎖は基本三種のいずれかが連続することにより発生しているのです。ですから、これらの習得無しに連鎖は組めないと言っても過言ではありません。

なお、フィーバールールにおいて、フィーバー中に降ってくる連鎖のタネの構造を一瞬で見破るためにも基本三種の習得は必要不可欠です。

それでは早速、その基本三種を1つずつ見ていきましょう。

階段積み



←スイッチ



上の図でスイッチ起爆点発火点)の緑ぷよを消すと、その上にある赤ぷよが落ちることで2連鎖が起こります。この積み方を階段積みといいます。

階段積みを伸ばしていくと、以下のように5連鎖まで作ることができます。5連鎖を直撃させることができれば、相手に大きなダメージを与えられます。




←スイッチ



このような基本に忠実な規則正しい積み方を、書道の言葉を借りて楷書と呼びます。それに対し、原理は同じであるが多少崩れた積み方を草書と呼びます。

階段積みの草書の例を以下に記しておきます。スピードアップのため、中盤以降の戦いのため、あるいは失敗してしまったときのためなどに、草書でも積めるようになっておいてください。





 ←スイッチ
●●●●


この図をよく見て連鎖が起こる様子をイメージしてみてください。ひとえに階段積みと言っても、様々な形があることがわかります。とにかく、ある色が消えたことでその上に乗っていた色が落ち、そして4つ揃うことで連鎖が発動する…このような構造のことをまとめて階段積みと呼ぶのです。

階段積みは比較的マスターしやすいので、まずはこれがしっかり組めるようになりましょう。

挟み込み


●● ←スイッチ
●●

上の図では、緑ぷよが赤ぷよに挟み込まれた構造をしています。この挟み込まれた緑ぷよを消すことにより、2連鎖が発動します。このような積み方を挟み込みといいます。

挟み込みを伸ばすと次の図のようになります。この図では5連鎖が発動します。





●●●● ←スイッチ
●●


この図を見ると、それぞれの色で挟み込み方が少し異なっているのがわかります。このように挟み込みにはいろいろな形がありますが、とにかく、挟み込むことで連鎖を形成している積み方をまとめて挟み込みと呼びます。

ちなみに、以下のような規則正しい積まれ方をしている挟み込み(挟み込みの楷書)のことを特にカギ積みと呼ぶことがあります。





●● ←スイッチ



挟み込みは慣れるまでは難しい積み方かもしれませんが、中級者になるには必須の組み方です。がんばって習得してください。

サンドイッチ




●●● ←スイッチ
●●●
●●●


このような積み方をサンドイッチ座布団)といいます。スイッチの赤ぷよを中心に、青ぷよ、黄ぷよが上下で対称的に配置されています。黄→緑→赤の順に消えていき、この図では3連鎖が発動します。

サンドイッチを伸ばすと、以下のように大きな連鎖を撃つことも可能です。






●●● ←スイッチ
●●●
●●●
●●●
●●●


実戦では上記のような楷書より草書の方が使用頻度が高いです。そこで、次にサンドイッチの草書の例を記しておきます。






←スイッチ



●●
●●●


1つの図にいろんな要素を詰め込みすぎた感がありますが、じっくり考えてみてください。スイッチを消すと、まずは黄ぷよが消えます。先ほどの楷書ではスイッチの上に1つ、下に3つの同色ぷよを配置していましたが、このように上に2つ下に2つ、あるいは上に3つ下に1つでもOKです。とにかく、合わせて4つになるよう考えて積めばいいのです。黄ぷよが消えると、次は緑ぷよが消えます。これは下の3つを平らに置いていないだけで、楷書とほとんど変わらないのでわかりやすいと思います。そして最後に赤ぷよが消えます。楷書ではスイッチの上の赤ぷよは、スイッチの上の緑ぷよの上(上の図では尖っている棒の先端)に置いていました。しかし、このように3つの緑ぷよの上に配置しておいても大丈夫であることがわかると思います。ややこしいですが、よくあるパターンですので覚えておいてください。

対称性がポイントのサンドイッチを組むには空間認識力などが必要なため、慣れが必要です。はじめはゆっくりでいいのでよく練習しておきましょう。