1-3 ライバルに一歩差をつけるカテゴリの記事一覧

強化

同じ連鎖数の場合、普通に4つ揃えて消す場合よりも、同時に数多く消すほど、さらには同時に多くの色を消すほど威力は大きくなります。それを利用して、同時消しを使って連鎖の威力を上げる連鎖尾拡張のことを強化といいます。以下に分かりやすい強化階段積みの例を挙げてみます。




 

     
     
     
     


両者とも最後の5連鎖目のところで同時消しが起こります。それにより、普通の5連鎖よりも威力が上がります。なお、同時消しの数や色の種類が多いほど威力が大きいので、もし左と右が同時に連鎖を撃ち合ったとしたら、右が圧勝します。実際に試してみるとよくわかるでしょう。ちなみに、強化部分の同時消しの色が2種のものをダブル、3種のものをトリプルと呼んだりします。この場合、左が5連鎖ダブル、右は5連鎖トリプルです。

なお、上の図では5連鎖目しか強化していません。もちろん2〜4連鎖目も強化することができ、その方がより威力は上がるのですが、あえてそういう図にはしませんでした。なぜなら「ゴミぷよの処理」でも述べたように、真ん中にぷよを積みすぎるのは、入り口の下であることや巻き込みによる連鎖の失敗等の危険性を考えると得策とは言えないからです。

加えて、強化の効果は高連鎖の場所の方が大きくなりますので、5連鎖の場合、与える邪魔ぷよの数に最も影響するのは5連鎖目です。威力だけではなく防御力やスピードも考慮すれば、5連鎖目だけを強化するのがベストと言えるでしょう。

このように強化した連鎖をハイスピードで組めれば、普通に基本三種しかできない人には圧勝できます。比較的簡単に習得できるので、ぜひ練習しておきましょう。

かんぬき式

ここからは同時消しではなく、連鎖数を伸ばす連鎖尾拡張である追加効果について述べていきます。

大きくまとめればほとんどの追加効果は同じ原理なのですが、便宜上細かく分類しています。まずはその一種であるかんぬき式を紹介します。




●●





最後の部分をよく想像してみてください。5連鎖目の赤ぷよが消えた後、赤ぷよを挟み込んでいた青ぷよが消えて6連鎖目が起こることがわかります。

このように、追加効果をつけると少しだけ連鎖を伸ばせるのです。ただ、少しだけとは言っても5連鎖と6連鎖では威力がだいぶ違います。さらにこれが大連鎖になると(例えば9連鎖と10連鎖だと)、その差はさらに大きなものとなります。

かんぬき式は原理を覚えれば草書で使うこともできます。かんぬき式の草書の例を2つ挙げておきます。





        
      ●●      
            
        
        
 

端っこにゴミぷよをテキトーに積んでいたら、まぐれで追加効果が発動して連鎖が伸びるということがありますが、偶然ではなく必然的に追加効果を起こすことができるようになれば、試合をかなり有利に進めることができるようになります。ぜひとも習得してください。

雪崩式

次は、雪崩式という追加効果です。これはぷよぷよが雪崩のように崩れ落ちて連鎖が発動することからこう名づけられました。



●●
       
      
      ●●
      ●●●●


左上の方に乗っている青ぷよが最後に雪崩の如く崩れ落ち、6連鎖目が発動します。

追加効果は基本的に少しだけ連鎖を伸ばす技術ですが、雪崩式では雪崩部分を伸ばすことで、その気になれば次の図のように大連鎖も撃てます。







●●


←スイッチ



上の図では、3つの雪崩による連鎖が追加され、8連鎖が発生します。
雪崩式の派生として、以下のような直鎖式という追加効果もあります。


●●

      
      ●●
      ●●●●


雪崩式も使いやすい追加効果ですので、ぜひマスターしましょう。

挟み式

次に、挟み式という追加効果です。










最後の部分に挟み込みが挿入されており、それによって連鎖が伸びます。

ちなみに挟み込みの楷書、カギ積みには元々この挟み式が付属しています。

その他の追加効果

その他にも様々な形が考えられます。












これは交差式という追加効果で、強化部分が発動した後、交差的に青ぷよが落ちてきてさらに1連鎖が発動します。

似たような形で、様々な追加効果が挙げられます。












例えば上の図のような構造でもOKです。
とにかく、追加効果の要素(上の図では青ぷよ)を、不純物(その他の色、ゴミぷよ)を挟まないように散りばめておけばいいのです。

追加効果の形は様々です。慣れてきたらいろいろとアレンジしてみてください。

ゆうれい連鎖

最後にゆうれい連鎖というものを紹介します。

ぷよぷよは画面上の見えない部分にも1行積むことができますが(ただし真ん中の列は除く)、画面内とその画面外で合わせて4つ同色が揃っていても、画面内に出てこない限りそのぷよ達は消えないという性質を利用した連鎖です。


   ↑画面外
-------------------------
   ↓画面内












上の図で、左上の緑ぷよは画面内外合わせて4つ揃っていますが、画面内では3つしか揃っていないため消えていません。これが下の強化階段積みが発動することで最後に落ちてくると、画面内で4つ揃ってそこで初めて消えるのです。そうするとこのゆうれい連鎖は追加効果となります。

ゆうれい連鎖はあえて狙うと面倒なので、ちょうど配ぷよの関係で狙う機会があればつけるといった感じがいいでしょう。ゆうれい連鎖に限らず、追加効果というものはどれも狙い撃ちするよりも、配ぷよ次第で今回はどの追加効果を使うのが効率的かを考え、状況に応じて使い分けていくのがいいと思います。

なお、埋もれすぎてピンチの場面では画面の最上部で連鎖を組むことになるので、そういうときにもゆうれい連鎖の出番が回って来やすくなります。ゆうれい連鎖の存在も常に頭の片隅に入れておきましょう。