とことんぷよぷよ

ここまで基本的な知識を紹介してきましたが、知識だけでは使い物になりません。実際に練習して、自由に使いこなせるようになることが必要です。ここからはぷよぷよの具体的な練習法を紹介します。

定番ですが、まずはとことんぷよぷよとこぷよ)を使って練習しましょう。とこぷよでは敵がいきなり攻撃してきたりすることもないので、落ち着いて組むことができます。まずはこのとこぷよで連鎖の構造をしっかりと理解し、邪魔が無ければ確実に連鎖が組めるようになりましょう。

ひとりでふたぷよ

ひとりでふたぷよとは、ふたりでぷよぷよひとりでするというややこしい行為です。しかし、スピードアップのために欠かせない練習法です。

ふたりでぷよぷよをひとりですると、当然相手は何もできないので、相手フィールドには勝手にぷよが積もっていき、そのうち自滅してしまいます。そうなると試合終了ですが、相手が自滅する前に連鎖を撃つという練習法がひとりでふたぷよなのです。この間に撃つ連鎖数の目標としては、基本三種であれば5連鎖が目安です。慣れるまではまずは4連鎖を撃つ練習をしてもいいでしょう。

ひとりでふたぷよを欠かさず行うことにより、スピードと正確さが着実に身につきます。これができるようになった後、自分が驚異的にレベルアップしていることに気づくでしょう。これで初心者には負けなくなります。

ひとりでぷよぷよ

実戦の感覚に慣れるため、ひとりでぷよぷよひとぷよ)でCOMと戦います。邪魔をしてくるので、実戦で連鎖を組んだり、相手を常に警戒する練習になります。当たり前のように全クリできるようになりましょう。

対戦・観戦

ある程度基礎ができたら、なんといっても実際に人と対戦するのが一番練習になります。どんどん対戦していってください。

また、自分が対戦するだけではなく、他人同士が対戦しているところを見る機会があれば、じっくり観戦するようにしてください。非常にためになります。

なお、今ではネットで簡単に玄人同士の対戦を見ることができます。便利な世の中になったものです。ぜひネットでハイレベルな戦いを観戦し、その中からいろんなものを吸収していってください。